新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ ゲオ、iPhoneの修理事業を開始

ゲオ、iPhoneの修理事業を開始

1.ゲオ、iPhoneの修理事業を開始

ゲオホールディングスの子会社ゲオは、10月27日からiPhoneの格安修理事業を全国29拠点で開始します。

同社では10月3日に、総務省が実施する「登録修理業者制度」で総務大臣の登録を受けており、全国のゲオショップ/ゲオモバイル/流通センターの計29拠点で、10月27日からiPhone修理事業を正式に開始します。

直営運営を生かし、2017年9月期までに修理取扱店舗を100拠点へと拡大する予定です。

また11月からは、新規事業コンサルティングを行うプライマルと連携して、総務省の「登録修理業者制度」登録を支援する事業も展開する予定です。

こちらは制度への登録を希望する法人に対し、最短3カ月ほどで申請・マニュアル作成・端末特性試験に関するアドバイスと研修を実施し、登録まで全面的に支援します。

(ITmediaより)

 

相性の良さそうなiphoneの格安修理事業を新規事業として行うだけでなく、その登録ノウハウも展開していくというのは無駄のない動きです。

こういった新規事業展開はなかなかできませんが、探せばあるかもしれません。

 

2.あかつき本社、連結子会社を吸収合併

金融持株会社のあかつき本社は、連結子会社であるキャピタル・エンジンに関して、あかつき本社を存続会社、キャピタル・エンジンを消滅会社とする吸収合併を行うと発表しました。

あかつき本社は、これまで、各アセットマネジメント事業子会社を束ねる持株会社としてキャピタル・エンジンを設立し、同社が傘下の事業会社に対し財務支援を行うだけでなく、人材やノウハウの提供など、ハンズオン型の経営支援を行うことでグループのアセットマネジメント事業全体の成長を図ってきました。

今回の本合併によるキャピタル・エンジンの統合は、このグループとしての方針を徹底していくもので、グループとしての管理部門全体の効率化にも資するものであるとして、今後も、この方針の下、他のグループ会社について機能と役割を精査の上で、統合を積極的に進めていく考えです。

(M&A Timesより)

 

今回の吸収合併や先週の分社化など、組織再編が加速しています。

背景には事業承継や組織強化など、様々な思惑があると思いますが、2020年に向け、様々な企業が組織再編を行うのは間違いなさそうです。

ページの先頭へ