新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 総額10億円の資金調達実施

総額10億円の資金調達実施

1.総額10億円の資金調達実施

全国で約7400種類のお弁当・ケータリング商品を取りそろえる、法人/団体向けのお弁当宅配&ケータリングの総合デリバリーサービス「ごちクル」を運営するスターフェスティバルは、キッコーマン、クレディセゾン、電通デジタル投資事業有限責任組合、東日本旅客鉄道、みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合から総額10億円の資金調達を実施したと発表しました。

今回の資金調達を含め、累計資金調達額は約50.5億円となります。

スターフェスティバルは2009年の創業以来、お弁当・ケータリングを製造する飲食店や製造パートナーの拡充、顧客開拓、協力物流会社の拡大等の事業強化を行い、47都道府県にサービスエリアを広げ、約800ブランド7400種類のごちそうを取り揃えています。

9割が法人顧客である「ごちクル」事業に加え、2015年には企業の従業員向けにランチを提供する「シャショクル」サービスを開始し、順調に売上成長を続けています。

また、新規事業として、「ごちクル」と「シャショクル」の利用シーンを活用し、飲料/食品メーカー様などをクライアントとした新製品等のサンプリングやプロモーションを行う広告事業「ごちアド」や、地方公共団体をクライアントとした地域創生サポート事業を手がけています。

(M&A Timesより)

 

10億円の調達も凄いですが、スターフェスティバル社の新規事業に興味があり、記事を取り上げました。

飲料/食品メーカー様などをクライアントとした新製品等のサンプリングやプロモーションを行う広告事業「ごちアド」は、スターフェイスティバル社のお弁当・ケータリングの顧客と相性が良さそうですし、地方公共団体をクライアントにした地域創生サポート事業も顧客を持ち、物流に強みを持つ企業であれば面白い取り組みが生まれそうです。

やはり数は力と言え、新規事業においても重要なキーワードだと感じました。

 

2.「au」で水売れてます

宅配ミネラルウオーター大手の富士山の銘水は新工場を建設します。

投資額は約15億円で2019年ごろの稼働を目指しており、生産能力を2割増やします。

宅配水市場は容器の返還が不要なタイプの製品が伸びています。

KDDIが同社の水の販売を始めるなど販路も拡大しており、生産面での対応を急ぎます。

新工場は富士吉田市内にある富士吉田工場の隣接地に建設します。

新たに井戸を掘り、充填ラインなどを設け、生産能力は年間1000万本で、富士吉田工場の生産能力の約2割にあたります。

(日本経済新聞より)

 

記事内にも記載があったのですが、宅配水市場は右肩上がりに成長をしています。

まだ新しい市場ということもありますが、震災の影響や顧客の不満(配達や回収)を無くすなどし、市場を開拓していることが大きいでしょう。

携帯販売はその成長が危ぶまれる声も聞かれ、代理店としては不安を感じている中、こういった新規事業は大きな原動力となるはずです。

宅配水市場と携帯販売市場、どちらも今後の動きに注目です。

ページの先頭へ