新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 「hangol」がメトロこうべにオープン

「hangol」がメトロこうべにオープン

1.hangolがメトロこうべにオープン

阪神電気鉄道は、新規事業「インドアスポーツ施設事業」を開始し、第1弾としてインドアゴルフ練習場「hangol(Hanshin golf training studio)」を4月28日にメトロこうべにオープンします。

インドアスポーツ施設事業は、沿線地域の活性化を目的に、屋内でスポーツを楽しめる施設を運営する新規事業となります。

鉄道会社が運営するという特長を生かして高架下施設やグループの物件を活用し、車を使用しない人や近隣の人々が気軽に利用できる施設を目指します。
今後は、「hangol」を同社高架下や空き施設などを中心に展開。ゴルフ以外のスポーツ施設の展開も検討していきます。

(CYCLEより)

 

鉄道会社の強みの一つは立地だと思いますが、都内でも高架下に次々と飲食店を中心に店舗を構える施設が次々とオープンしています。

駅から徒歩0分のような立地ですから、これほど魅力的な立地はないでしょう。

郊外型だった商業施設も近年は駅前に出店し始めています。

今後は今まで以上に駅を中心とした街が形成されるのか、それとも地方を中心に現状のように駅前の賑わいは郊外へと移ったままなのか。

新規事業にとっても注目すべき時代の流れだと思います。

 

2.ラオックス、飲食事業で新会社

ラオックスは4月20日、飲食事業展開を目的とした新会社「フードクリエイションワークス」を設立したと発表しました。

新会社で初の取り組みとして、年内にオープン予定の千葉市の「千葉ポートスクエア」内に、自社運営のビュッフェレストランをオープンする計画です。

新たな成長戦略として、新規事業を構え、飲食やエンターテイメントなどを中心に日本人のほか、訪日外国人観光客に対しても良質な「モノ+コト」のサービスを提供し、インバウンドの更なる拡大だけでなく、日本各地の活性化に向けて、さまざまな分野で連携した取り組みを推進するそうです。

(流通ニュースより)

 

中国人を中心とした訪日外国人の旅行消費はモノからコトへと移り始めているようです。

今の飲食は「モノだけでなくコト」に位置づけられるので、それを見越しての飲食事業でしょう。

小売業はECサイトの市場の伸びに対し、縮小していくことが考えられますので、体力があるうちに柱を2本、3本にしておこうという企業がこれからも増えるはずです。

そういった意味では、大手小売業はフランチャイズに加盟するケースも増えるでしょう。

今後も小売業の新規事業に注目です。

ページの先頭へ