新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ LT Game Japanを子会社化

LT Game Japanを子会社化

1.LT Game Japanを子会社化

ピクセルカンパニーズは、カジノ用ゲーミングマシンの開発・製作を行うLT Game Japanが実施する第三者割当増資を引き受け、新規事業に参入すると発表しました。

LTJは、日本独自のコンテンツ(漫画・キャラクター・デザイン・アニメーション等)やアミューズメント機器開発の技術等の日本のものづくり技術を取り入れたカジノ用ゲーミングマシンの開発、製作、販売、輸出及び保守管理等を行うことを目的に平成28年2月に設立されました。

ピクセルグループでは、今後収益を確保し、かつ、安定的に成長していくために、既存事業だけではなく新規事業分野においても積極的なM&Aや業務提携を行い、事業育成及び収益基盤の構築をしていくことが、グループの安定基盤の確立並びに企業価値向上に資すると判断、今回LT Game Japanを子会社化することに決めました。

(M&A Timesより)

 

カジノ法案について、しばらく耳にしなくなりましたが、今回の総選挙、そして2020年の訪日外国人観光客4000万人の実現のためにも、動き出すのではないでしょうか。

観光分野で様々な新規事業も生み出されていますが、カジノ法案が通り、カジノが誕生すれば、これに向けた新規事業そして参入も増えてくることでしょう。

どのような動きを見せるのか、注目です。

 

2.分身ロボットOriHimeの新バージョンをリリース

オリィ研究所はビジネス向けソフトウェア「OriHime Biz」や、 難病・障がいのある方向けソフトウェア「OriHime eye」に対応した新バージョンの分身ロボットOriHimeをリリースし、 OriHimeを利用した新規事業を共同で開発するパートナー企業の募集を開始しました。

OriHimeは2015年7月に商品がリリースされて以来、 企業でのテレワークや、 学校での遠隔授業、 難病患者の方のコミュニケーション補助などに利用されています。

今回の新バージョンのOriHimeは、 モーター音やカメラ画質などの点で従来品より性能が向上した他、 同社が新しくリリースした管理機能を搭載した「OriHime Biz」ソフトウェアや、 スイッチや視線入力で操作できる「OriHime eye」ソフトウェアに対応します。

(ロボスタより)

 

難病や障がい者の方々にはOriHimeはとても心強いロボットでしょう。

新規事業として、社会貢献を視野に入れたものは消費者にとっても、利用し易く、応援したくなります。

分身ロボット、どのような展開をみせるのか、注目です。

ページの先頭へ