新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ マルハンが投資事業会社設立

マルハンが投資事業会社設立

1.マルハンが投資事業会社設立

マルハンは5月23日、子会社として投資事業を行う新会社「マルハンベンチャーパートナーズ」を2016年4月1日付けで設立し、韓裕社長が同社の代表取締役を兼務することを発表しました。

また20日にはKLabの子会社でベンチャーキャピタル事業を行うKLab Venture Partnersが、ゼネラルパートナーとして組成・運用を開始したファンドの「KVPシード・イノベーションファンド1号投資事業有限責任組合」と契約締結したことも発表しました。

同社は今後、事業投資を通じてキャピタルゲインだけでなく、成長が期待できる若い企業の支援、新規事業開発、M&Aなどのノウハウの蓄積、次世代の人材育成を目指すとしています。

(情報島より)

 

今回の投資会社は投資目的だけでなく、新規事業開発やM&Aのノウハウ蓄積、次世代の人材育成を目的としているようです。

投資会社だからこそのノウハウを蓄積できますから、こういった取り組みは確かに魅力的です。

マルハンそしてマルハンベンチャーパートナーズがどのような展開を見せるのか、注目です。

 

2.クリーマが11億円の資金調達を実行

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」を運営する株式会社クリーマは、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズをリードインベスターとする、総額11億円の資金調達を実行いたします。

なお、既存株主として、KDDI株式会社によるコーポレートベンチャーファンド「KDDI Open Innovation Fund」、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、 クリーマ創業者の丸林耕太郎も今回の第三者割当増資に参加しています。

(PR TIMESより)

 

ハンドメイド商品の通販・販売サイトとして有名なクリーマが11億円もの資金調達を実行しはじめました。

ハンドメイドの市場規模は2014年度版の『ホビー白書』によると8673億円となっており、今後も成長していく見込みのようです。

クリーマが資金調達し、その市場規模を大きくするけん引役となっていくのでしょうか。

注目です。

ページの先頭へ