新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 三井アウトレット倉敷に保育園

三井アウトレット倉敷に保育園

1.三井アウトレット倉敷に保育園

三井不動産は7日、岡山県倉敷市で運営する三井アウトレットパーク倉敷内に4月から保育園を開園すると発表しました。

人手不足に伴う採用難に対応し、従業員が子育てしながら働きやすい環境を整えます。

全国に13ある三井アウトレットパークでの保育園設置は初めてです。

内閣府が打ち出した「企業主導型保育事業」の助成を受け、全国で保育施設を展開するタスク・フォースが保育園を設置・運営します。

園名は「都市型保育園ポポラー岡山倉敷園」です。

定員47名のうち23名は地域枠とし、地域住民にも開放します。

岡山県は2017年12月の有効求人倍率が1.87倍と全国平均の1.59倍を大きく上回り、人手不足が深刻な地域です。

保育園の誘致は出産を機に退職する従業員の増加や、保育所不足で復職が難しいという従業員の声を受けて取り組みました。

保育料も半額近くを補助し、雇用の継続を狙います。

(日本経済新聞より)

 

これからの新規事業において、注意しなければいけないのが「人材採用」です。

当サイトのブログは、前の週の「新規事業」というキーワードで気になる記事を取り上げています。

自動で抽出しているのですが、大半は「新規事業に伴い人材募集」という記事です。

新規事業なら集めやすいのかもしれませんし、集まらないので募集記事を多数出しているのかもしれません。

いずれにせよ、新規事業には人材が必要なのは間違いありません。

今回の仕事場に託児所(保育園)というカタチは病院など、様々なところで見られ、一定の成果を出しているように聞きます。

今後は新規事業として、託児所というニーズは増えるのかもしれません。

 

2.三井化学や日本ユニシス、ドローンファンドに出資

三井化学、日本ユニシスなどはドローン分野のスタートアップ企業に投資する「ドローンファンド」に出資しました。

ファンドへの出資を通じてドローンの飛行制御などの先端技術やノウハウを持つスタートアップと協業し、新規事業の創出につなげます。

ドローンファンドはコロプラ元副社長の千葉功太郎氏が2017年6月に立ち上げました。

(日本経済新聞より)

 

ドローン市場は今後成長する市場と言われていますが、今回の16億円もの出資額を見ると現実味を帯びてきます。

また、ドローン事業を展開する企業とビックカメラが提携し、販売サポート・アフターサポートをするというニュースも先週見かけました。

今年はドローンビジネスが盛り上がりを見せるかもしれません。

新規事業としても注目です。

ページの先頭へ