新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 開業率が全国トップ

開業率が全国トップ

1.開業率が全国トップ

沖縄でベンチャーに追い風が吹いている。国税庁によると2016年度に沖縄県内法人数は前年比5.1%増加し、全国の増加率を上回りました。

都道府県別の開業率でも7.0%で全国トップです。

訪日外国人客の増加を背景にした企業の積極的な進出に加えて、沖縄ならではの起業に適した環境が好循環を生んでいます。

行政を中心に企業を育成する動きも活発化しています。

独特の気候と文化を持つ沖縄を訪れる観光客は年間1000万人に迫る。だが魅力は観光だけではありません。

沖縄振興開発金融公庫が17年に実施した移住意向調査では、沖縄への移住希望者のうち、移住後の就業形態を自営業(起業)としたのは17.4%。沖縄以外への移住希望者の11.4%に比べ起業意識が高いです。

帝国データバンクの17年調査によると、沖縄の女性社長比率は10.32%で全国2位です。

中でも就任経緯の項目では「創業者」が41.7%と九州・沖縄地区の平均33.1%を大きく上回ります。

(ニュースイッチより)

 

日本の開業率が低いということは私どもも注目しており、開業率を上げようと一般社団法人 日本代理店協会を立ち上げました。

大手企業でも新規事業を自社だけで立ち上げるのが難しいという状況だからこそ、近年ベンチャー投資をするなどして、新規事業に絡もうとしていると言えるのではないでしょうか。

となれば人材不足の中小企業が新規事業を立ち上げるのは、より困難でしょう。

そこでフランチャイズビジネスや代理店ビジネスに新規参入するというのが、これからの日本の新規事業の姿になっていくと考えています。

これは企業とは存続と発展をせねばならず、既存事業で現状維持を望む企業は衰退していることと同じであり、発展するためには既存事業で発展が望めないなら、新規事業を立ち上げるしかないという考えから上記の考えに至りました。

沖縄は大手企業が注目する県になるかもしれませんが、開業率の向上にはフランチャイズビジネスや代理店ビジネスも貢献できるということを伝えていきたいと思います。

 

2.デリー33億円調達

料理動画サービス「kurashiru」を運営するdelyは22日、ソフトバンクなどから33億5000万円を調達したと正式に発表しました。
クラシルのサービス拡充や新規事業の開発などに生かします。

急速に拡大してきた料理動画サービス市場の競争は第2ステージに突入しています。

17年11月末にレシピサイトのクックパッドも料理動画への参入を発表し、同12月に競合の「デリッシュキッチン」を運営するエブリーも20億6000万円を追加調達しました。

大型の調達資金を元手に各社の事業拡大が続きそうです。

(日本経済新聞より)

 

私も経験がありますが、料理の本だけで料理をするというのは、ある程度基本がある方でないと難しいと思います。

当たり前のように書かれている調理工程が分からないからです。

そういった意味でも動画で料理というのは、今後主流となっていくでしょう。

新規事業として参画する企業が今後も増えるのか。

注目です。

ページの先頭へ