新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ パナソニック、新規事業育成へ新制度

パナソニック、新規事業育成へ新制度

1.パナソニック、新規事業育成へ新制度

パナソニックは研究者が米国で現地の予算を獲得して自由に研究活動できる新制度を4月から始めます。

雇用は続けるが研究期間は定めません。

これまで研究者の大学への派遣は若手の教育や、テーマを定めた共同研究が中心でした。

課題を絞らず自由に活動させて新規事業につながる「ノーベル賞級の技術」(幹部)を生み出す考えです。

まず4月から2人を派遣、今後は年間20人程度を米国の大学で研究できるようにします。

(日本経済新聞より)

 

パナソニックがアメリカで、新規事業を立ち上げるのに、予算を用意する制度を発表しました。

また1日には家電の新事業創出に向けて米ベンチャーキャピタル、スクラムベンチャーズと合弁会社を設立すると発表しました。

パナソニックにとって、新規事業は永続的に企業を繁栄させるために必須と考え、手を打っているのでしょう。

果たしてパナソニックはどんな新規事業を世に送り出すのか。

今後の新規事業展開に注目です。

 

2.おべんとうの玉子屋と資本業務提携

株式会社ネオマーケティングは、株式会社玉子屋と、資本業務提携いたしました。

本提携により、都内を中心としたオフィスワーカーに対して、試供品のサンプリング・アンケート調査・テスト販売などを行うことが可能になりました。

ネオマーケティングは玉子屋が保有する約4500事業所40万人の顧客リソースに対して、お客様から請け負ったサンプリングやテスト販売等のマーケティング施策を提供します。

取り組みを通じて、両社の共通の目的である「企業で働く人の満足度向上と健康増進」を実現してまいります。

(PR TIMESより)

 

お弁当の玉子屋が資本業務提携をすることにより、新規事業としてネオマーケティングと共にマーケティングを行うというニュースです。

やはり新規事業においても、数は力です。

今後はお弁当にサンプル品がついてくるというのが、ウリになるかもしれません。

ページの先頭へ