新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 新規事業、子供の貧困対策に本腰

新規事業、子供の貧困対策に本腰

1.新規事業、子供の貧困対策に本腰

子供の貧困対策に取り組む武雄市は2月15日、「こどもの笑顔コーディネーター」を柱とする新規対策事業の概要を発表しました。

「見えにくい」とされる子どもの貧困問題を可視化させ、高校生になるまで伴走するという意欲的な計画です。

全国的にも注目を集めそうです。

(毎日新聞より)

 

子供の貧困問題を巡っては、自治体が様々な取り組みをしていますが、今回の「こどもの笑顔コーディネーター」は、可視化と高校までのフォローという、確かに意欲的な取り組みです。

新規事業の分野においては、AIの発達により、なくなる仕事が出始め、その分新規事業にシフトするという企業の動きが今後予想されますが、こういった人でなければいけない新規事業というのは魅力的だと思います。

何かと注目される施策を打ち出す、武雄市のこどもの笑顔コーディネーター」に注目です。

 

2.「日本型金融排除」を突破へ

三井住友銀行と日本総合研究所は2月13日、ベンチャー企業の有望な技術やビジネスアイデアの事業化を支援するプログラム「未来2017」の最終審査会を開き、支援企業10社を選びました。

途上国のバーチャル農協創設を提案したAGRIBUDDYなどが受賞しました。

(ニュースイッチより)

 

最終審査に登壇したチームの発表は、ロボットやAI、ヘルスケアなど、新規事業としてこれから伸びるであろう分野が多かったようです。

途上国のバーチャル農協創設も気になりますが、支援対象となった9社のアイデアも気になるところです。

ページの先頭へ