新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 三陸の3市で「右腕」インターンシップ

三陸の3市で「右腕」インターンシップ

1.三陸の3市で「右腕」インターンシップ

若年層の定住促進を手掛ける非営利団体「wiz」が企画した学生対象の企業研修プログラム「IWATE型インターンシップ」が2月7日、岩手県の釜石市、大船渡市、陸前高田市の3市で始まりました。

県内外から応募があった7人の大学生が、およそ1カ月間、企業が手掛ける新規事業や抱える課題を「右腕」として事業に関わりながら職場体験をします。

7日には陸前高田市で集合ワークショップを実施し、その後各地で研修成果を発表する報告会を行う予定です。

(三陸経済新聞より)

 

タイトルの「右腕」に魅かれ、記事にしましたがインターンシップとして職場体験をするだけのようです。

私どもが考える右腕とは、経営者の代わりとして一部の事業を進めていけるような人材です。

中小企業で創業社長には右腕と呼べるような人材がいないことから、私どもでは「社長の右腕代行」を行うこともしばしば。

復興や定住促進という難しい課題に対し、若い力やアイデアも必要ですが、真の右腕も必要かもしれません。

 

2.ソニーの電子ペーパー搭載新機軸リモコン

昨年7月、ソニーは“ソニー版クラウド・ファンディング”と呼ぶべき新規事業創出サイト「First Flight」をスタートしました。

その採択プロジェクトから生まれた、電子ペーパー採用の新コンセプト学習リモコン「HUIS  REMOTE CONTROLLER」が出資者への出荷を開始しました。

(Phile-webより)

 

ソニーがクラウドファンディングで開発した商品が実際に販売され始めました。

マーケットイン、プロダクトアウトという言葉がありますが、クラウドファンディングを使った商品化はまさしくマーケットインという考え方です。

メーカー側には望ましい商品化方法ですし、今後、こういった商品化が普及するのではないでしょうか。

注目です。

ページの先頭へ