新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ シャープ、ベンチャーの量産支援

シャープ、ベンチャーの量産支援

1.シャープ、ベンチャーの量産支援

シャープはベンチャー企業の開発や量産を支援する事業を始めます。

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連機器の実用化を目指す企業を対象に、取引先の部品会社など中小企業の工場を紹介し、空き設備を使えるようにします。

ベンチャー支援を通じて自社の新規事業の育成にもつなげます。

業種の垣根を越えて連携するオープンイノベーションの手法を取り入れ、新たな成長の芽を模索します。

(日本経済新聞より)

 

ベンチャー企業にとっては、小ロットの商品販売をするケースが多く、そのため生産を引き受けてくれる工場がないという問題が生じることがあります。

この支援を行うという新規事業だけでも注目しますが、それを行うのが経営再建中のシャープだという点です。

ただ、この新規事業には大変さやリスクの反面、メリットもあります。

それは、可能性のあるベンチャー企業といち早く出会うことができるということです。

ここに投資をすることで、将来のリターンもしくは自社の新規事業も生まれるかもしれません。

いずれにせよ、シャープの今後と共に注目です。

 

2.広島銀、創業支援を拡充

広島銀行は8月7日、同行の「創業支援ローン」の利用者を対象に創業サポートサービスを開始しました。

開業後の経理事務効率化を支援するほか、専門家の経営相談を一定期間無料で提供します。

創業者が本業に専念できるよう、資金面以外の支援体制を充実させます。

6つのサポートサービスを提供する。弁護士やほかの起業家への相談を延べ24時間まで無料でできる多様な支援や、コンビニエンスストアATMで最大100万円まで利用が可能な「創業サクっと!カードローン」などが利用できます。

サービス開始に合わせ、税理士・公認会計士の会員組織であるTKC中国会、同四国会と連携します。

1年間会計ソフトを無料で提供するほか、TKC会員税理士による会計や経営指導も受けられるサービスも取りそろえます。

(日本経済新聞より)

 

銀行が創業支援サービスをするというケースは珍しいということもないですが、TKCと連携するという点に注目しました。

この取り組みがうまく行けば、TKCは全国の地銀と同様のサービスを広げていく可能性があります。

また、コンビニで最大100万円まで利用できる「創業サクっと!カードローン」も創業時に起きる予期しない一時的なキャッシュ不足にも対応でき、喜ばれそうです。

今後、この取り組みが広がっていくのか注目です。

ページの先頭へ