新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ エスケーアイ、持株会社体制へ

エスケーアイ、持株会社体制へ

1.エスケーアイ、持株会社体制へ

携帯電話販売代理店業等を手掛けるエスケーアイは、平成29年10月1日(予定)に会社分割による持株会社体制へ移行するための検討に入ること、及び持株会社体制への移行準備を円滑に進めるた め、分割準備会社としてエスケーアイ100%出資の子会社を設立すると発表しました。

エスケーアイグループが更なる成長を実現していくためには、各事業領域において環境変化への迅速な対応力を高めるとともに、エスケーアイグループ全体の企業価値を最大化する経営体制を構築する必要があると考え、持株会社への移行を検討するものです。

(M&A Timesより)

 

ホールディングカンパニーを作るというプレスリリースのようなニュースです。

携帯電話販売の代理店など、フランチャイズや代理店展開を多数している企業は、事業承継や事業部制など様々な目的のために持株会社化を進める傾向が今後も強まるのではないでしょうか。

私どものグループでも毎年数十件は組織再編を行いますが、今後も増えると予想しています。

今後もどうようなニュースは増えると思いますので、注目です。

 

2.デンソーの新規事業アピール、今年はロボットに集中

デンソーは、「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4日~7日)の同社ブースに複数のロボットやロボット技術を展示しました。

テーマは「DENSO ROBOT WORLD」です。

同社は、昨年のCEATEC JAPAN 2015と同様に、自動車部品サプライヤーとして培ってきた技術をベースに新規事業に取り組む姿勢をアピールしました。

(日経テクノロジーOnlineより)

 

昨年はハンドクリームなどの新規事業を発表しましたが、今年はロボットのようです。

AIやロボットについては、今後益々参入する企業が増えることが予想されます。

新規事業としても、このあたりのビジネスについては今後も注目していきます。

 

ページの先頭へ