新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ TSMC、新規事業買収に意欲

TSMC、新規事業買収に意欲

1.TSMC、新規事業買収に意欲 

台湾積体電路製造(TSMC、台湾の半導体受託生産世界最大手)の張忠謀董事長は新規事業を買収する用意があると明らかにしました。

半導体の受託生産で世界市場の5割を占めますが、これまで目立った買収をしていません。

スマートフォンやその他の電子機器に対する需要が軟化する中、世界の半導体業界は成長促進や費用削減を目指した統合の波が押し寄せています。

TSMCの主要ライバルである米インテルと韓国のサムスン電子は、TSMCよりは積極的に買収を通じた事業拡大を進めています。

張氏は「我が社の長期的な成長戦略に相乗効果がないため、最終的に東芝への応札を断念したが、新たな機会をいつでも探し続けている。優良な対象企業はまだたくさんある」と語りました。

(日本経済新聞より)

 

東芝の買収を断念した企業が買収したとなれば、買収先の価値は高まるのではないでしょうか。

ただし、外国の企業ですから、それ相応の準備をして交渉しなければなりません。

私どもでも、アジアを中心に、そういった交渉のサポートを行っております。

資金など強力なサポートは魅力的ですが、それにつられて全てを失わないためにも私どものような専門家集団をうまく活用していただければと思います。

 

2.3つの体験プロジェクトが決定

東京都は、多摩・島しょの地域で新しい余暇の過ごし方を提案する【体験型エンターテインメント】創出事業の名称を『Nature Tokyo Experience』に決定し、始動していきます。

この始動に先駆けて、本事業に参画するプロジェクトを募集した結果、株式会社NOX Intervillage、株式会社USPジャパン、株式会社ASOBIBAが代表事業者を務める3つの体験プロジェクトに決定しました。

『Nature Tokyo Experience』とは、多摩・島しょ地域で、自然等の地域資源を活用した新しい体験の場を作ろうとする民間事業者のプロジェクトを公募・選定・支援し、事業の普及を行っていく“体験型エンターテインメント創出事業”です。

東京都が委託した事業プロモーター(株式会社博報堂)が民間事業者を募集し、その中より優れた取り組みを計画する代表事業者を選定して広報活動等の支援を行います。

選定されたプロジェクトは、民間事業者に自らの事業として実施していただきます。

各プロジェクトの実施後には、その成果や事例を区市町村や事業者向けに発信していくことで、自然を活用した注目度や集客力を高める取り組みを広めていきます。

(exciteニュースより)

 

人口が減少する中、東京都は人口が増加していて、マンションなどが立ち並びますが、その東京でもまだまだ自然が残る場所の一つが多摩・島しょ地域です。

東京からのアクセスの良さからも、ここで体験型エンターテインメントを作り出せば、集客力はあることが容易に予想できます。

新規事業としては、面白そうだと興味を抱く半面、成功は東京の一極集中を益々高めることになるのだろうかと考えてしまいました。

ページの先頭へ