新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ TSUTAYAと組んで何をする?

TSUTAYAと組んで何をする?

1.TSUTAYAと組んで何をする?

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)は、ベンチャー企業向け支援プログラム「T-VENTURE PROGRAM(以下TVP)」の、第三期受付を開始しました。

エントリーは9月16日までですが、CCCの東京オフィスで説明会を開催した8月4日には、100名以上が集まりました。

TVPは、CCCがベンチャー企業と協業したり、支援をしたりするビジネスプログラムで、2014年に第一期、2015年に第二期を実施し、2016年が第三期になります。

TVPは、DVDレンタルや映像配信サービスなどを運営する「TSUTAYA」、T-SITEや蔦屋書店、蔦屋家電、図書館運営などを手掛ける「CCCデザインカンパニー」、T-POINT、T-TICKETなどを持つ「CCCマーケティング」、書籍、雑誌などの出版事業の「カルチュアエンタテインメント」のいずれかのビジネスとの協業、もしくは新規事業を軸に展開できることが目的です。

(clnetより)

 

すでに3期目となるTVP。

CCCの既存ビジネスを連携などしながら進められるビジネスというのは、新規事業としても軌道に乗りやすいでしょう。

こういった既存ビジネスとの連携などを目的とした新規事業支援のコンテストは今後も大手企業を中心に増えるのではないでしょうか。

TVPの3期目では、どのようなビジネスが生まれるのか、注目です。

 

2.カシオ、腕時計6ブランド新機種投入へ

カシオ計算機は8月2日、腕時計の「Gショック」など6ブランドでスマートフォンとの連携機能を搭載した新機種を2016年度中から順次投入すると発表しました。

スマホと通信で連携し、世界各地でワンプッシュで時刻修正したり、サマータイムに切り替えたりできる機能は「エディフィス」ですでに導入されていますが、対応するブランドを拡大します。

販売が好調な主力の時計事業をさらに強化します。

(SankeiBizより)

 

ポケモンGOが国内外でニュースとなっていますが、あらためてスマホにビジネスの可能性を感じた方も多かったのではないかと思います。

アップルウォッチが販売され、国内ではiphoneほどの勢いや話題性を感じませんが、時計と連動し、カシオはどこまでスマホ連携の可能性を広げることができるのでしょうか。

注目です。

ページの先頭へ