新規事業ドットコムでは、中小企業様の新規事業に関するあらゆるご相談を承っております。

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME 新規事業ブログ 老人福祉・介護事業の倒産状況

老人福祉・介護事業の倒産状況

1.「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2016年1-8月の「老人福祉・介護事業」の倒産が62件に達しました。

介護保険法が施行された2000年以降では、年次集計で過去最多を記録した前年の76件を上回るハイペースで推移しています。

構成比では、設立から5年以内が46.7%、負債5千万円未満の小・零細規模が70.9%を占め、倒産原因では販売不振が67.7%を占めています。

安易な起業だけでなく、本業不振による異業種からの参入組やFC加盟社など、小・零細規模で業績不振に直面したケースが多いのが特徴です。

業界の大きな課題に浮上している介護職員の人手不足が解消されない中、老人福祉・介護業界はここにきて淘汰の波が押し寄せています。

(東京商工リサーチより)

 

過去最高を上回るペースのようですが、特にデイサービスを含む「通所・短期入所介護事業」や5年以内に設立した企業が多いようです。

フランチャイズに加盟した企業も存在するようですが、一般的には加盟することで倒産リスクが少なくなるとも言われています。

しかし、介護特にデイサービスのフランチャイズは近年、種類も増え、どこが自社に最適かを検討できずに加盟してしまうケースが悲しい結果につながっているのではないでしょうか。

新規事業としてフランチャイズに加盟することは良いのですが、本部以外にもその分野のプロに相談することをオススメします。

 

2.宇部に子ども服専門リユース店

宇部・南浜に9月1日、子ども服専門のリユースショップ「BLIC」がオープンしました。

市内を中心に環境事業を手掛けるアースクリエイティブが、新規事業として立ち上げた同店は、「環境循環型」の取り組みの一環として、子ども服に特化し使われなくなった衣類の買い取り・販売を行います。

事務所を兼ねた店内は約15坪で、現在は買い取りのみを行っており、今月中旬ころには「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」内にウェブ店舗を開設し、店舗での買い取りとネット販売をメインに展開します。

(山口宇部経済新聞より)

 

小売業は、ECサイトの市場規模の拡大に伴い、減少傾向です。

しかし、リユースショップは1点ものなので、ネットで販売しなければ、直接行くしかないという強みを持っています。

今回のビジネスモデルはネット販売をメインにすると言いますが、果たして成功するのか、注目です。

ページの先頭へ