フランチャイズ - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME フランチャイズ

フランチャイズ

フランチャイズとは

フランチャイズとは「特権」を意味します。

フランチャイズを展開する本部(フランチャイザー)は、「ブランド」、「ノウハウ」、「独自の商品やサービス」、「情報」の4つの要素を利用する「特権」を付与し、かつその事業の成功のために継続的な指導・援助を行い、加盟店(フランチャイジー)
は、「人」、「モノ(物件)」、「金」といった経営資源(3つの要素)を投入し、かつ一定の対価を支払います。
これは本部が「商売を開発」し、加盟店が「資源を投入」するというイメージです。
また、「ブランド・ノウハウ・独自の商品やサービス・情報」には限界がない経営資源であるのに対し、「ヒト・モノ・カネ」という経営資源には限界があります。

グラフ

つまり自社だけでは生み出し続けるのに限界がある経営資源を、フランチャイズビジネスでは複数の加盟店に協力を得ながら、展開していくのです。

そして上記のような関係性の中で本部の理念に基づき、理念共同体として連携し、消費者および地域社会により良い貢献をするように事業を経営するシステムをフランチャイズシステムと言います。

フランチャイズ展開をお考えの企業様は、この仕組みを理解した上で、メリット・デメリットをお読みいただき、フランチャイズ展開を行うべきかどうかをご判断ください。

フランチャイズ展開についてはコチラ ▶

加盟店サポートはコチラ ▶

メガフランチャイジーはコチラ ▶

海外でのフランチャイズ展開はコチラ ▶

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズとは世界の2大ビジネスと言われるほど、素晴らしい仕組みですが、多くののメリットもあれば、デメリットもあります。
ここではフランチャイズに加盟すると過程した場合、一から自分で立ち上げるお店と比べ、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

フランチャイズ 独自のお店
メリット
  • 企業の成長
    ノウハウや成功・失敗事例の蓄積など
  • 知名度・ブランド力
    OPENしてすぐにお客様が来店する、TVCMなど広告宣伝力がある、人材採用に有利など
  • 調達力
    スケールメリット・融資が受けやすい・良い物件が手に入りやすいなど
  • 出店スピード
    一から立ち上げるよりも成功スピードが早く、次の出店もしやすいなど
  • サポート力
    商品開発力や経営面でのサポートが受けられるなど
  • 自由度が高い
  • オンリーワン
    独自性が出し易い
デメリット
  • 初期費用
    加盟金などがかかる
  • 継続的な費用
    ロイヤリティなどがかかる
  • 競業避止義務
    同じような業態がしばらく出せない
  • チェーンである被害
    他店の行いで信用度が傷つくなど
  • 経営力不足
    ノウハウや経験・情報などが圧倒的に少ない
  • 労働負担が大きい
    休みが取れず、労働時間も長くなる
  • 開発力不足
    資金や商品の開発

フランチャイズ展開をご検討されている企業様は、メリット・デメリットを踏まえた上で、生涯、加盟店と共に歩み続けられると判断するようでしたら、ご相談ください。
低価格・高品質でのフランチャイズ展開のサポートをお約束いたします。

用語説明

フランチャイズで使用される用語の意味についてご説明いたします。

オープンアカウント

オープンアカウントとは法律的には「交互計算」の一種とされていますが、コンビニエンスストアのフランチャイズで利用される際は、「一定の会計期間(1ヵ月)を定め、フランチャイズ本部と加盟店間に発生する債権債務を、交互計算に基づき継続的に順次決裁する会計手段のこと」を意味しています。

加盟金

加盟金とは、フランチャイズ加盟時に本部へ支払う金銭のことで、ブランド・ノウハウ・独自の商品やサービス・情報の対価を意味しています。

競業避止義務

協業避止義務とは「加盟店が加盟したフランチャイズと同一、または類似の営業行為を禁止すること」を意味します。
契約期間中はもちろん、契約終了後も一定期間、特に定められた地域や業種、期間において義務を負います。

スーパーバイザー

スーパーバイズ(Supervise)とは「管理(監督)する」という意味です。したがって、スーパーバイザー(Superviser)とは、管理(監督)者という意味です。
スーパーバイザーSV(エスブイ)と呼ぶこともあります。
SVにはFCビジネスに関する知識、加盟店とのコミュニケーション能力、関係する法律知識や計数管理の能力などを必要とされ、加盟店の経営指導全般を担う役割が求められます。

テリトリー制

テリトリー制とは「フランチャイズ本部が加盟店に対して、その営業地域を特定する制度のこと」を意味します。
宅配サービスなどで良く利用され、地図上で明確に営業地域を限定する契約を結ぶこともあります。

フランチャイザー

フランチャイザーとは、フランチャイズ本部を意味します。
エリアフランチャイザーという言葉もありますが、これはフランチャイザーが一定の地域について加盟契約を結ぶ為の交渉権を他の企業に与え、その企業のことを指します。
エリアフランチャイザーは、交渉権を与えられた地域の加盟開発や物件開発、教育研修、SVなど本部同様の機能を持つことになります。

フランチャイジー

フランチャイジーとは、フランチャイズに加盟する加盟店のことを意味します。
メガフランチャイジーという言葉もありますが、これは多数の加盟店舗を持つフランチャイジー企業のことを指します。

ロイヤルティ

ロイヤルティとは、英語の「Royalty」が語源で、ロイヤリティとも言い、「加盟店がフランチャイズ本部に対して継続的に支払う金銭のこと」を意味します。
定額または定率などの方法により、フランチャイズ本部が加盟店より「商標やノウハウの使用、継続的な経営指導などの対価」として徴収します。

ページの先頭へ