協会ビジネス

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME フランチャイズ 協会ビジネス

協会ビジネス

近年、多くの分野で協会が立ち上がっています。
私どもの考える協会ビジネスを立ち上げるメリットは主に次の5つです。

1.急速な全国展開が可能

(ヒト・モノ・カネが最小限で済むため)

2.知名度・ブランド力の向上

(業界のスタンダードへ)

3.スケールメリットを得られる

(商材を安価に入手など)

4.安定した経営が可能

(会費などが自動的に入ってくる)

5.業界の成長

(集知によりノウハウが蓄積され業界が成長する)

 

メリットが魅力的なので参入が多いですが、成功している協会はごく僅かです。
その理由は協会ビジネスを「講座ビジネスの延長と考えているから」です。

私どもの考える協会ビジネスとは、「生徒を先生に育てて、その先生をサポートする”仕組み”を提供することで、個人レベルの講座ビジネスを組織化する簡易的なフランチャイズビジネスのこと」です。

フランチャイズとは「特権」を意味します。つまり生徒に特権を与えることでビジネスにするのが協会ビジネスです。

講座ビジネスは、講師が集客から運営、その後の継続的なサポート等を行っていくためどうしても限界があります。

それに対して協会ビジネスは講師の持つノウハウや、展開そのものを仕組み化し、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」を切り離すことでビジネスと言えるほどの規模に成長させることができます。

 

協会ビジネスを構築するために必要な「仕組み化」のポイントは次の3つです。

1.拡げ方の仕組み化

2.儲け方の仕組み化

3.教え方の仕組み化

 

拡げ方の仕組み化とは、設立する協会の目的、活動内容などの基本事項から、展開方法、集客方法まで協会ビジネスの全容を設計していくことです。

儲け方の仕組み化とは、検定や認定、教材や消耗品、各種代行の実施など協会の収益源について設計していくことです。

教え方の仕組み化とは、教材づくり、カリキュラムづくり、検定や認定制度づくり、先生から生徒への指導法、本部から先生への指導法などを設計していくことです。

 

協会を立ち上げたけれども、うまくいっていないという「講座ビジネス」から脱却していない協会様の仕組みを再構築するお手伝いもしています。

フランチャイズビジネスという認識を持ち、仕組み化を進めることで協会ビジネスは初めて成立します。

「協会ビジネスをはじめたい」「協会ビジネスを再構築したい」という方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ