メガフランチャイジー - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

HOME フランチャイズ メガフランチャイジー

メガフランチャイジー

用語説明でも記載したとおり、フランチャイジーとは、「フランチャイズに加盟する加盟店」を指します。
そして、メガフランチャイジーとは「多数の加盟店舗を持つフランチャイジー企業のこと」を指します。
中にはさらにメガフランチャイジーの定義を限定して「フランチャイズへの加盟が30店舗以上もしくはフランチャイズでの売上額20億円以上の企業」と定義していることもあるようです。

 

フランチャイズ展開をしている本部でさえ、上場しているケースは少ないにも関わらず、メガフランチャイジーの中には上場している企業も存在します。

 

【主な上場メガフランチャイジー】

1991年、ジャスダックに上場した㈱ゴトー(2011年MBOで上場廃止)。
1995年、ジャスダックに上場した㈱サンワドー。
1996年、ジャスダックに上場したアイエーグループ㈱。
1999年、東証1部に上場した㈱ナック(最初の上場は1995年)。
2000年、東証1部に上場した㈱トップカルチャー。
2004年、ジャスダックに上場した㈱かんなん丸。
2004年、ジャスダックに上場した㈱バッファロー。
2004年、ジャスダックに上場した㈱ワットマン。
2005年、ジャスダックに上場した㈱フジタコーポレーション。
2005年、東証1部に上場した㈱G-7ホールディングス(最初の上場は2008年)。
2006年、東証1部に上場した㈱シー・ヴイ・エス・ベイエリア。
2008年、ジャスダックに上場した㈱オーシャンシステム。
2012年、ジャスダックに上場した㈱ありがとうサービス。
2014年、ジャスダックに上場した㈱ホットマン。

メガフランチャイジーと呼べる企業は全国で100社を超えると言われていますが、某シンクタンクで調査したところ、年商5億円を超えるフランチャイジーは全国で1000社を超えました。
まさにフランチャイジーの中でも成功者であるメガフランチャイジー。
「フランチャイズは本部ばかりが儲かって、加盟店は儲からない」
という方もいるようですが、これらの事実を見る限りそうとは言えないのではないでしょうか。

実際、未上場のメガフランチャイジーでも上場しても良い企業は存在します。
例えば「ジェイアール東日本フードビジネス(株)」です。
ベッカーズやベックスを展開していることでも有名ですが、フランチャイジーとしても吉野家やペッパーランチを展開し、その売上規模は200億円を超えます。

メガフランチャイジーを語る上で欠かせないのが、その先駆けともいえる「タニザワフーズ株式会社」です。
1975年に加盟したステーキレストラン「あさくま」を皮切りに、「ロッテリア」「ケンタッキーフライドチキン」「吉野家」「サーティーワンアイスクリーム」「大戸屋」「リンガーハット」「ピザハット」「サブウェイ」「かつや」など、多くの店舗を出店してきました。
初期のメガフランチャイジーは、「ケンタッキーフライドチキン」をはじめ、「吉野家」「ミスタードーナツ」「オートバックス」「TSUTAYA」のいずれかに加盟してきました。

その後、コンビニエンスストアの台頭により、コンビニエンスストアへ加盟するメガフランチャイジーも誕生し始めます。
また、フランチャイジーとしてだけではなく、「なめらかプリン」などの自社ブランドで成功しているメガフランチャイジー「チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社」も誕生し始めました。

その後は、「ピザーラ」「牛角」「ブックオフ」などへ加盟するメガフランチャイジーも誕生し、今でもフランチャイズ展開をしている本部と共に市場をけん引していますし、中にはエリアフランチャイズ(サブフランチャイズとも言います)展開をする本部とエリアフランチャイズ契約を結び、エリアフランチャイザーとして展開しているメガフランチャイジーも存在します。

メガフランチャイジーは、「1ブランド集中」「多ブランド分散」が存在すると共に、「本業+加盟型」「加盟本業型」の2パターンに分かれます。
いずれにせよ、上場するほど成功しているメガフランチャイジーは、フランチャイズ本部の成長と共に成長してきました。
これからメガフランチャイジーとして上場を目指す企業様は、いかにそのような本部を見つけ、共に歩めるかがカギになるのではないでしょうか。

 

フランチャイジー交流会

私どもではメガフランチャイジーを含む、フランチャイジーの経営者交流会も行っています。

同じブランド同士では交流があっても、異なるFC同士ではあまり交流が無いというお声にお応えする形で交流会を立ち上げました。

交流会と言っても、「立食で大人数と名刺交換する」といったものではなく、ゆっくりと食事をしながら情報交換がし合える交流会ですし、社長しかいない点も話がしやすいです。

ページの先頭へ