投資家対策-新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

投資家対策

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、急成長の可能性があり、その結果として大きなリターンが期待できるベンチャー企業に投資を行う投資会社のことをいいます。

ベンチャーキャピタルから資金調達をし、IPOを目指したいという企業様も多くいらっしゃいますが、ベンチャーキャピタルは、一般的な金融機関とはその目的自体が異なります。したがって、作成する事業計画書そのものが異なります。

【金融機関の場合】

きちんと返済が可能な企業かを知るために、投資ではなく、融資を行います。
売上・利益の妥当性・資金繰りなどに注目します。そのため、事業計画書上、協調すべきなのはキャッシュフロー計画です。

 

【ベンチャーキャピタルの場合】

投資であり、返済ではなく回収を行います。さらに大きなリターンを得たいため、事業の将来性や投資回収、市場や強み・差別化などを注目します。そのため、事業計画書上、協調すべきなのは資本政策です。

ベンチャーキャピタルは、投資会社だけでなく、経営コンサルティング会社としての一面も併せ持っています。

未上場のベンチャー企業に対し、経営面のバックアップも行い、より上場の可能性を高めたいと考えています。
しかし、経営への口出しを望む企業もいれば、創業者や他の株主などの意向で口出しして欲しくないと考える企業もあるでしょう。

これも資本政策であり、株式の何%をベンチャーキャピタルに渡すのかで大きく変わってきます。

ベンチャーキャピタルの紹介、アドバイスを含むベンチャーキャピタルとの付き合い方、事業計画書の作成方法などについては、お気軽にご相談ください。

 

個人投資家(エンジェル投資家)

個人投資家とは、文字通り、個人で投資を行う人のことをいいます。

ですが、ここでは主に創業したばかりの企業やIPOを目指す企業に対し、投資を行う個人投資家のこと、一般的にエンジェル投資家と言われる個人投資家について記載していきます。

 

【個人投資家とベンチャーキャピタルの違い】

個人投資家は、ベンチャーキャピタル同様に、投資をしてくれるのですが、経営面からサポートしようとするベンチャーキャピタルとは異なります。

個人投資家は、自分の持つ人脈や経営者への心理的なサポートを行うことが多いようです。これは日本のエンジェル投資家には、元企業経営者が多いためです。

個人投資家への事業計画書では、ベンチャーキャピタル同様の内容が注目されるのですが、それ以前に投資するかどうかを判断される重要なページがあります。

それが、エグゼクティブサマリーです。

【エグゼクティブサマリーとは】

事業計画書の冒頭で、事業計画の概要や全体像を記載する部分のことを言います。

ここで事業の可能性を判断し、ようやく机上に乗ることができるのです。

更に元企業経営者が多いということもあり、経営者自身についても注目されます

起業の背景や事業に対する思いなど、投資しても悔いはないと思わせるだけの何かが必要になることもあります。

現在では、事業プランをプレゼンするような場で実際に投資の対象になった方もいます。

まさに、エグゼクティブサマリーと経営者自身で投資を判断されたと言っても過言ではありません。

ただし、このようなケースは稀で、基本的には待つよりも自社の事業計画に合う個人投資家を探すことが投資を受ける近道かもしれません。

 

新規事業に関わらず、事業計画書の作り方にお悩みの企業様はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ