新規事業計画書 - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

新規事業計画書

新規事業計画

新規事業を立ち上げる前には、新規事業の事業計画を立てなければいけません。
私どもではアイデアの有無に限らず、新規事業の立ち上げと事業計画策定をご支援いたします。
新規事業の立ち上げは、事業計画と共に進めることで、事業として形を成してきます。逆に事業計画と共に進めないと、抜け漏れがあり、新規事業を進める際に問題が生じることもあります。

多くの企業様は、この労力を惜しみ、新規事業が軌道に乗るまで時間がかかってしまいます。
新規事業は採算性が重要になってきますので、投資と黒字化のタイミングを適切に予想し、早く回収しなければなりません。ですので、ここで労力を惜しみ事業計画を策定しないという企業様には、新規事業の立ち上げが向いていないと言っても過言ではありません。

回収の目安は、5年以内(できれば3年)と考え、3~5年程度の事業計画を策定すると良いでしょう。

新規事業の事業計画書は、中期経営計画書のような事業計画書とは異なります。
強いて言えば、新規事業の事業計画書は創業計画書に近い事業計画書になります
なぜならば、まだ実績があまりないため、多くの企業様では新規事業計画書が作成できません。
事業を立ち上げた経験があるのは創業社長だけですし、その創業社長が新規事業計画書の作成に携わることはあまりないケースだからです。
ですから、初めて作成する新規事業の事業計画書は、私どものような専門家と共に作成することをおすすめします。

新規事業の立ち上げ方や事業計画書の作成方法が分かり、2回目以降は、自社で作成できるようになるかもしれません。
新規事業の立ち上げ、新規事業の事業計画書作成を検討している企業様はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ