営業ツールは交渉ツール - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

営業ツールは交渉ツール

アイデアを具現化し、そこから生まれた新規事業を進めるにあたり、様々な場面で必要な能力があります。

それが「交渉力」です。

資金調達をするにせよ、他の企業と提携するにせよ、取引先を増やすにせよ、どの場面でも交渉が付きまとい、その交渉がうまくいかなければ目的を達成することができません。

 

そもそも交渉とは「ある事を実現するために、当事者と話し合う(かけあう)こと」です。

交渉には高度な技術を要します。

海外では「交渉人(ネゴシエーター)」という職業がある程、専門性を要し、資質や訓練が必要と言われています。

 

交渉を成功させるにはどうすれば良いのでしょうか。

□ テクニックや知識

□ 論理的に話す力

□ しっかりとした準備

□ 相手の気持ちを瞬時に読み取り臨機応変に対応する力

など、様々な力が必要だと考えられています。

 

社長自らが交渉を行うのであれば、うまくいくかもしれません。

しかし、初期の段階ではまだしも、いつまでも社長が全ての交渉に出向く訳にはいきません。

ではどうすれば良いのでしょうか。

 

私どもでは交渉の成功率を高めるために、営業ツールの作成をご支援しております。

交渉を成功させるためのストーリーを営業ツールに盛り込むことで、誰でも交渉において一定の交渉力を発揮できるような営業ツールを作成します。

そこには様々な仕掛けもご用意し、心理的に交渉をコントロールするようなテクニックも取り入れています。

 

これまでにも営業ツールを導入することで下記のような成果を出しています。

□ フランチャイズ展開をする企業が1年で数倍の店舗数まで成長した。

□ 大手企業と提携することで急激に成長し、上場を目指すことになった。

□ 海外での取引を成功させ、海外展開に成功した。

など、営業ツール一つで様々な場面の交渉を成功させることができるのです。

 

新規事業を既に行っている企業様も、これから新規事業をはじめる企業様も、交渉を有利に進めるような営業ツールの作成を望まれるようでしたら、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ