SPAモデル - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

ビジネスモデル(SPA)

SPAとは「Speciality store retailer of Private label Apparel」のことで、企画、調達、製造、物流、プロモーション、販売、在庫管理まで全て一貫して行うビジネスモデルです。

アメリカの衣料品小売大手GAPが1986年に導入したのが最初だと言われています。

SPAというビジネスモデルの普及により、すべての工程をひとつの流れとしてとらえ、サプライチェーン全体のムダ、ロスを極小化することができるようになりました。

 

最もSPAモデルを利用しているのがアパレル業界で、GAPやH&M、ZARAをはじめ、日本ではファーストリテーリング(ユニクロ)、良品計画、ファイブフォックスなど多くの企業が導入しており、今やSPAでないと成功しないというのがアパレル業界の常識となりつつあります。

 

SPAを導入するメリットは「現場で顧客のニーズを把握した商品を開発できる」「コスト削減できる」「商品化までのスピードが早い」などが挙げられます。

逆にデメリットとしては、「全てを自社で行うことで資金や人材などが必要になる(リスクが高い)」「全てのポジションのノウハウが必要になる」などが挙げられます。

新規事業に関して言えば、資金や人材そしてノウハウの面からハードルが高いと考えられます。

 

アパレル業界以外でもファンケルやニトリなどでも導入しています。

最近注目されているのが、ファンケルなど化粧品・健康食品の分野で見られるSPAです。

これまで多くのSPAモデル導入企業が行ってきた店頭販売に対し、通信販売やテレビショッピングなどを利用した企業がSPAのビジネスモデルを導入しています。

これはファンとも言える顧客を大量に確保し、リピートさせることができる商品に向いています。

近年、店頭販売を中心にしてきた小売業も自社サイトでのネット通販などを導入していますので、今後は自社の会員に対してのネットでの販売網を強化したり、マーケティングを行っていくようなSPAのビジネスモデルをこれまで以上に活かせるように変化していくことでしょう。

ページの先頭へ