介護ビジネス - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

介護ビジネス

ビジネスモデルイメージ

日本の高齢化率(65歳以上人口比率)の全国平均は現在22.6%(2009年)、2020年には29.3%、2050年には39.6%になると予測されています。
このように高齢化が進む中、2009年には464万人、2020年には約600万人に増加すると予測されているのが高齢者の要介護(要支援)認定者数です。
金額では2007年の介護給付費の総額は6兆4729億円にものぼり、認定者数の増加予測からも給付金額の増加は更に増すと予測されます。
介護給付費の約95%を占めるのが介護サービスでありますが、この介護サービス市場への新規参入が本格化してきました。
これは2000年4月に施行された介護保険制度により、民間企業やNPO法人が参入しやすくなったことと、介護ビジネス特有の参入しやすさにあります。
特有の参入しやすさとは「初期投資が低い」「季節変動や継続利用が見込まれ安定的」「代金未回収のリスク少ない」「三等立地でも出店可能」などがあげられます。
しかし、難しさもビジネスである以上存在する。
「安定するまで時間がかかる」「社会的責任の重さ」「人材育成」「オペレーションの効率性」「顧客獲得の営業」などがそれにあたります。
魅力がある市場ですが、ノウハウ・ブランド・差別化できるサービス・情報(法改正など)を備えなければ成功は難しいと言えるでしょう。

では、弊社がご紹介できる具体的な介護ビジネスをご紹介します。

  • 小規模タイプによる低リスクなビジネスモデル!
  • 豊富な出店場所と広範囲の商圏!
  • 本部サポートによる人材育成や情報・ノウハウの共有!

必要な経営資源

ヒト 6名程度
モノ 1F30坪~
カネ 開業資金と運転資金で約1800万円

今後の日本が、超高齢化社会に向かうにあたり、介護ビジネスに参入するのに、まだ遅すぎるということはありません。

お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ