リサイクルビジネス - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

リサイクルビジネス

ビジネスモデルイメージ

ここ数年は不況が続くと予想されている現代において、この10年で約2倍に拡大し、現在も好調な市場があります。
それがリサイクル業界です。
現在リサイクル業界の市場規模は5000億円といわれ、今も年率約10%の高成長を続けています。
今後も環境意識の高まりによる社会的ニーズや消費者の生活防衛意識を背景に、さらなる拡大が期待されるのがリサイクルショップです。
このような時代にリサイクルショップが必要とする力は3つ。
「仕入れ力」と「PR力」そして「コンセプト力」です。
現在成長期にあたるリサイクル業界では、需要より供給の少ない状態にあります。
需要より供給が少ない状態では、「仕入れ力」が強い所に圧倒的にお客様が集まります。
また、仕入れ力や集客力にも直結する「PR力」と「コンセプト力」が、今後市場の需要と供給のバランスがイコールになった時に大きな差を生みます。
消費者が比較するようになり、品揃えでは差別化しにいく時代になりますので、その時に「PR力」で商品価値だけでなく、コンセプト力を活かし、店舗の存在意義をいかに伝えられるかが重要になります。
リサイクルショップは成長し続けるリサイクル業界の中でも、旬であり今から参入すれば成功する確率が高いビジネスと言えるでしょう。

では、弊社がご紹介できる具体的なリサイクルビジネスをご紹介します。

  • 在庫リスクがない古着特化型ビジネスモデル!
  • 独自の買取法で、常に商品力がある店舗づくりが可能!
  • 商業施設に出展できるので、集客力が強い!

必要な経営資源

ヒト 店長+アルバイト1、2名
モノ 25坪前後(商業施設による)
カネ 開業資金は約1000万円

物を作れば売れる時代は終わり、これからは既存のものをうまく活用するリサイクルビジネスが益々成長していきます。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ