商品顧客マトリクス - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

商品-顧客マトリクス

マトリクス

商品―顧客マトリクスとは、イゴール・アンゾフが提唱した「アンゾフの成長マトリクス」のことで、戦略の方向性を整理するのに使用される考え方です。

市場と商品(製品)の2軸を設定し、それぞれ既存と新規に分けることで4つの事象に分類しました。

(右図参照)

マトリクス上の4つの事象ではそれぞれ次のような戦略をとることが可能です。

 

1)市場浸透戦略
他社との競争に勝つことによって、マーケットシェアを高める戦略です。一般的には、一般顧客をロイヤルカスタマーへとかえることを目指します。
2)新商品開発戦略
新しい商品を、現在の顧客へ投入することで成長を図る戦略です。商品に関連するアクセサリー商品を導入したり、機能を加えたり、まったく新しい商品を開発したりしますが、あくまで既存顧客への販売を目指すものです。
3)市場開拓戦略
現状の商品を、新しい顧客へと広げることで成長を図る戦略です。海外展開であったり、対象顧客の性別を変更したりということが、当てはまります。新市場への導入に際しては、しばしば、新しいブランドとして立ち上げることがあります。
4)多角化戦略
製品・市場ともに、現在の事業とは関連しない、新しい分野へと進出して成長を図る戦略となります。当然、最もリスキーな成長戦略となります。

 

この商品-顧客マトリクスを利用することで、新規事業に乗り出す前に行うべき2つのステップ(戦略)が2つ見えてきます。
まず1つ目は「市場浸透戦略」つまり顧客の深堀りです。

次に2つ目は「市場開拓戦略」つまり横展開、もしくは「新商品開発戦略」つまりクロス・セル(商品やサービスの購買をした消費者等に対し、それを補完する別の商品やサービスを勧める販売促進のテクニックのこと)戦略を行うことです。
既存事業が衰退していると、多角化戦略を検討するのは分かりますが、まずは上記で記載した2つのステップを検討してみてはいかがでしょうか。

多角化戦略など戦略を検討される際には、私どもがご支援しますので、お気軽にご相談ください。

 

 

ページの先頭へ