経営革新計画 - 新規事業ドットコム

社長の右腕代行、事業計画書の作成、アイデアの具現化、ビジネスモデル紹介
また後継者向けのビジネスもご支援いたします。

経営革新計画

経営革新

平成17年、利用者である中小企業にとって分かりやすい施策体系にするため「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(中小企業新事業活動促進法)」が誕生しました。

その中身は、中小企業経営革新支援法、中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法、新事業創出促進法の3法律を整理統合するとともに、施策体系の骨太化を図って、中小企業の新たな事業活動の促進を柱とした法律です。

ここで出てくる「経営革新」という言葉ですが、「中小企業新事業活動促進法」では、「経営革新」を「事業者が新事業活動を行うことにより、その経営の相当程度の向上を図ること」と定義しています。

具体的には、新商品の開発、新市場の開拓、新事業への取り組み、生産体制の見直しによるコストダウン、IT活用による経営効率化・組織の改革などのことです。

経営革新を行うことにより、企業は競争力を維持し、生き残り続けることができます。

中小企業が生き残り続けるために、経営革新が必要な理由としては、まず「時代と共に市場(顧客)が変化し、技術が進歩する」ことがあげられます。

そのような環境に対応するために経営革新が必要なのです。

次にあげられるのが「中小企業では事業領域が限られる」ということです。

大手企業のように多角化ができていれば、1つの事業を他でカバーすることができますが、中小企業ではそうはいきません。

だからこそ経営革新が必要であり、後継者が新規事業を進める上でも、先代に説明しやすいのではないでしょうか。

経営革新のメリット

経営革新では、数値目標などを記載した経営革新計画を作成し、都道府県の承認を得ることでよう、次のようなメリットを得ることができます。

1.様々な支援措置を受けることができる

 ~融資や保証の優遇措置、補助金や投資、販路開拓の支援措置など

2.中小企業施策を活用できる

 ~経営革新計画の承認を受けないと利用できない中小企業支援策があります。

3.事業の現状や課題を見極めることができる

 ~中長期の計画を立てる必要があり、課題と対策が明確になります。

4.組織力の向上につながる

 ~計画や経営方針が明確になることで、社員の士気が高まり、組織が一丸となります。

5.業績が上がる

 ~設定した目標を達成しようとするだけでなく、販路拡大支援などが業績に影響します。

6.対外信用度や認知度が上がる

 ~経営革新承認企業であることを広めることで、対外的な信用度や認知度があがります。

 

その他にもメリットは考えられますが、これだけでも十分検討する価値はあると思います。

後継者として新たなビジネスの立ち上げに取り組むのであれば、まずは経営革新の承認を得ることで、成功確率を図ることができるのではないでしょうか。

ビジネスのアイデアをお持ちであれば、経営革新計画を絡めることで、多くのメリットを受けられ、その後の展開がスムーズに進むはずです。

ページの先頭へ